セルフコーチング ギフト・フォー

新型コロナやAIの普及で不安定な時代を生き抜くために、免疫をつけ、雇用だけに頼らない新時代の生き方をサポートします。 誰もが才能と人生の目的があります。 あなたの才能を必要としている人がいます。 才能を活かし運も天も味方につけよう。 ⇨ rejois8787@gmail.com

才能を発掘するためのセルフコーチング

f:id:Spiritualair:20200907121609j:plain

こんにちは。

セルフコーチング ギフト・フォーです。

 

皆様は、セルフコーチングをご存知ですか?

セルフコーチングとは、自分で自分をコーチングする、とあります。

 

誰もが無意識にそうしているかと思います。

 

私はこれまでの、ちょっと波乱な人生が誰かの役に立つかもしれないと思ったこと、見えないチカラを感じたことで、

 独自のセルフコーチングの個人セミナーを始めました。

 

でもコーチは私ではなく、「あなた」を見守っている存在、自分専用の見えないチカラがコーチです。


f:id:Spiritualair:20200907174955j:image

 

私はコーチとの意思の疎通のコツをお伝えしています。

 

コーチはあの手この手でサインを送ってます。

 

それに気づき、行動すると、人生はもっと面白くなるし、拡がります。

 

本来の生き方ができます。

 

ぜひ、ご自身の人生に取り入れてみて下さい✨

 

セルフコーチング ギフト・フォーの体験談は👉こちら

ヒーリングの体験談は👉こちら

 

今年の抱負


f:id:Spiritualair:20210115175850j:image

 

風の時代と言われる2021年が始まり、もうすぐ2週間になろうとしています。

 

新年早々、緊急事態宣言が出されましたが、どんな時代であろうと何が起ころうと、自分の軸を持ち、内側の感覚を信じていれば大丈夫!

という方も多いかと思いますが、私もその一人です😊

 

去年一年を振り返ると、自分の土台が崩れるほどの大きな変化がありましたが、それ以上のものを得て今はそれを育てています。

 

まさに「破壊と創造」ですね。

 

手放さなければ得ることができない。

 

今年思ったこと、私の持つエネルギー、、、

行動力、お金、物、善意、知識、笑顔、など、自分が持てるありとあらゆるエネルギーを惜しみなく与えていき、周りに貢献していきます。

 

それと、やらない理由を探すのではなく、

「やる」「やってみる」

を口ぐせにして、更にやれることを増やします。

 

なぜなら新しく得たものは、リスクごと受け取ったからです。

 

何かを手に入れるとき、新しいステージに立つとき、リスクも一緒にあることが多いです。

その覚悟を決めたとき、新しい扉が開くのかも知れません。

 

皆様も良い一年でありますように✨

ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ


f:id:Spiritualair:20201204184246j:image

という映画を観ました。

 

ウルグアイの元大統領ホセ・ムヒカ

 

「世界でいちばん貧しい」この元大統領のフレーズと、にこやかな顔は何となく記憶にありました。

 

清貧というイメージのムヒカ。

 

映画を観て分かったのは、現在の表情からは想像もつかないほど波乱万丈、というか、そんな言葉では表現できないほど激しい人生だと言うこと。

 

ゲリラとして投獄されていた若い頃の顔つきと今の顔つきは、まるで別人。

でも、どちらのムヒカも自国をより良く変えることに、違う角度から、妻ルシアと共に人生を捧げています。

 

国連や日本での講演に多くの人が心を打たれたのは、命の危険に合い、酸いも甘いも多くの経験をしてきた彼の魂からの言葉だからでしょう。

 

自然と涙が溢れました。

 

ムヒカの思い、言葉、行動を感動だけで終わらせず、自分自身も行動することで繋いでいきたい。そう思わせる、最高の生き方を観せて頂きました✨

 

また、この映画を作って下さった田部井監督にも敬意を表します。本当にありがとうございました✨

 

まだ観てない方はぜひ❤️

 

#国連

#ウルグアイ

#見えないチカラ

#ムヒカ大統領

#田部井一真

次のステージに進ませるサイン②


f:id:Spiritualair:20201204184111j:image

前回の続きです。

マクロビレストランでの仕事は、楽しいものでした。

 

給料や契約の面で納得いかないことも多々あったけど、創作意欲とお客さんの反応が私の情熱の源泉でした。

 

お店に製粉機があるのも嬉しかったのですが、ドイツ製の特殊なもので、しかもオーナーが20年前に訪問販売で購入したというもの。壊れたら修理する術がないのが不安でした。

 

ある日「この製粉機が壊れたら辞め時かな・・・」とぼんやり考えてたら、1ヶ月後、まんまと製粉機が故障。

 

え?辞めろってこと?

いやいや、偶然偶然。。。

 

そのときは偶然で片付けたものの、やはりこれはサインでした。

 

製粉機は、探しに探して見つけた業者さんに修理してもらい、また作る事ができるようになりました。

 

でも、故障以来なんだか気が乗らないのです。

日に日にクッキーを作る頻度が減り迷いが出始めた頃、久しぶりに会う知人たちに相談したら、「今すぐ辞めなさい!」と言われました。

 

これからだと思ってたのに。

今が踏ん張りどきだよ。と言ってくれると思ってた私はそれでも納得していませんでした。

だってお菓子の売れ行きは毎月伸びてるんだもの、これからこれから。。。

 

そう言って自分を奮い立たせました。

でも、それからわずか数日でマネージャーと業務の連携がかみ合わなくなり、そこから嫌がらせを受けるようになり、結局、知人たちに相談した一週間後にはオーナーに退職することを報告。

 

報告してから退職までの間に更にトラブルがあり、そのダメージから立ち直るのに数年かかりました。

 

そして気づいたのは、製粉機が故障したのは偶然ではなかったということ。

 

「この製粉機が壊れたら辞め時かな・・・」

 

製粉機が壊れたとき、まさに辞め時だったのです。

なぜなら、このあと出会った仲間たちが私のスイーツを披露する場を次々に提供してくれたお陰で、更に新しいステージに立つことになったからです。

 

あのままレストランで働いてたら、経済的にも困窮し続け、クッキー以上のものを作れなったでしょう。

 

この件以降も何度も「辞め時サイン」を経験してます。

新しいステージは、少しの勇気と決意だけで扉が次々に開かれて行きます。自分はその扉の向こうに一歩踏み出すだけです。

 

インスピレーションに気づき行動すると、そこで次のステージに行けます。見えないチカラが知らせてくれるのです。

でも、気づかなくてもサインや現象で知らせてくれます。

 

それを無視したり気づかないと、最終的に何らかのトラブルとして、その場(職場やグループなどの居場所)にいられなくなるように、周りの人を使って離れるように仕向けるのです。

 

それが理解できてからは、なるべく速やかに離れるようにしています。

そのトラブルによるダメージから回復するのに、たくさんの時間が必要になるからです。

 

私の場合は人より少し変化の期間が短いかもしれないので、インスピレーションには注意を払ってます。

 

 

#スピリチュアル

#サイン

#ステージ

#見えないチカラ

 

次のステージに進ませるサイン


f:id:Spiritualair:20201120181847j:image

人生には、大きいものから小さいものまで転機が訪れます。
私はこれまでの経験から、次のステージに進む時期にきているとき、見えないチカラからのサインがあることを学びました。 


本来ならインスピレーションが来てるのですが、ネガティブな感情やせわしない思考に埋もれたりして、なかなか気づけないものです。あるいは損得で考えたり、慣れた環境にしがみ付いたりで行動できなかったりもします。

 

すると見えないチカラは、物理的な現象で示したり、人間関係のトラブルなどで、そこから離れざるを得ない状況にしてお知らせします。インスピレーションやサインに気づいて速やかに行動すれば、嫌なことは最小限に抑えられるのです。

 

これは私のケースですが、知人のお店の軒先を借りてお菓子を売ってた時期があります。最初の頃は飛ぶように売れたのでこれだけで生活ができるのでは?と思いましたが、間もなく売れなくなりました。

 

思えばこれが最初のサインでした。

 

その場所にこだわってそのまま何ヶ月か続けていたら、知人とその関係者のいざこざに巻き込まれ、本当に嫌な想いをすることになったのです。この一件で知人とその関係者とは縁を切り、そのエリアにも近づかないことにしました。

そしてお菓子作りも辞めてしまいました。

 

それから数ヶ月経ち、イベントで久しぶりにクッキーを作りました。クッキーを気に入ってくれた方が、レストランでアルバイトをしているという友人を紹介してくれて、そのご縁でレストランでお菓子を販売することになりました。

 

レストランでは初めての経験をたくさん積みました。

 

お店の製粉器でお米を自在に製粉し、旧式のガスオーブンを使いこなす。


試作のクッキーを味覚のプロであるスタッフたちの協力でクッキーのバリエーションが増えたり、キッチンやホールを手伝いモーニングを一人で受け持ったことで、飛躍的にスキルが伸びました。

 

材料をオーガニックで統一した分、以前より高いクッキーになりましたが、ありがたいことに、それでもリピーターやファンがつきました。


レストランなのにクッキーだけ買いに来てくださる方、大量注文してくださる方、「幸せな気持ちになる」と言ってくださる方。


大きな自信と達成感で充実した日々でした。

 

知人のお店にい続けてたら、この成長と自信と達成感はなかったはず。それを考えると、痛い思いをしたけど、新しいステージに進めて本当に良かったと実感しました。

 

でも、、、数ヶ月後、更に転機が来ます(笑)

愛を向けると自然淘汰される?


f:id:Spiritualair:20201106181945j:image

 

愛というと漠然として分かりづらいですが、思いやりとか、相手を生かす、というと、分かりやすいかもしれませんね。

 

うろ覚えですが、昔読んだ有機栽培の本に、以下のようなコトが書かれてました。

 

愛を向けるもの(対象)は、自然淘汰される。

 

本の著者は農家さん。野菜の栽培に虫はつきものですが、虫を農薬で排除しようとしても、いずれ虫に耐性がつくのでイタチごっこです。

 

猛毒のヒ素で増殖する細菌もいるくらいですから、どんなに新しい薬剤を開発したとしてもそれを超える細菌が出現するでしょう。それに、そんな薬剤は人間にとっても有害です。

 

本の著者は、野菜につく虫を排除するのではなく、その存在を認め、愛を向けたら、自然にいなくなったと言ってたと記憶しています。

 

私はそれが本当かを、人間で試してみました。

 

当時、隣りの席の同僚とそりが合わなくて、かれこれ1年以上まともに話をしてませんでした。何がきっかけだったのかすっかり忘れてしまったけど、このままじゃお互いに良くないな、、と思い、挨拶したり話しかけたりしてみました。が、無視されて、私もまたイラッとして、の繰り返し。

 

それでも彼女の良いところを見つけては、根気よく話し掛け続けたら、ある時期から少しづつ柔らかくなり、言葉が返って来るようになり、半年かけて関係を完全に修復することができました。

 

良かった!これで、ストレスなく仕事ができる。

 

ところが、それから間もなく彼女は異動になり、私が彼女の仕事を引き継ぐことに。和解したお陰で、気持ち良く引き継ぎできました。

 

その後、別の職場でも合わない同僚がいて、あの同僚と同じことを繰り返しそうになりました。

 

そこでもう一度、話しかけたり褒めたりのアプローチをした結果、その同僚は、私の業務をさり気なくサポートしてくれる良い仲間となり、とても助かりました。

 

これと同じことが人間関係のみならず、動物や虫、細菌レベルでも起こるのかもしれません。

 

この世に生まれてくる命は全て意味がある。と、言われてます。

 

もしかしたら人間の助けになる、未発見の何かを携えているかもしれませんね。

 

スピリチュアル
#才能
#ライフワーク
#天職
#見えないチカラ

誘われる海外旅行は転機になる〜韓国編

見出し画像

シャスタの旅からしばらくは、海外旅行には行きませんでした。

シャスタ以降の数年間は、無農薬農家への援農やお菓子作り、ホームレス支援、飲食店での初バイトなどに全力で取り掛かり、試練も乗り越え、初めて体験した全てが今、役に立っています。

八ヶ岳への移住を考えたのも、この時期でした。

鬱にはならなかったものの、人間関係や経済面での人生のドン底を、これでもかと味わった期間でもあり。踏ん張りました。

あるイベントで、昔の知人とバッタリ再会してから更に人生が加速しました。キャッシングの返済が終わったタイミングで、予定もないのに「パスポート更新しなきゃ」と何度も頭に浮かび、何だろう?と思ったら、1ヶ月後にその知人から韓国旅行に誘われます。

出発は2週間後。今日パスポートの更新手続に行っても間に合うか。外は土砂降りだし億劫だなあ。。せっかくだけど断ろう。

そう思いながらパスポートを確認したら、まだ有効期限内。予算もなんとかなりそうだし、これは「行きなさい」って事だろうな。

そして2週間後、数人で韓国のヴィーガンイベントでヴィーガン料理を満喫します。ズラッと並んだブースに、これがヴィーガン?と言いたくなる料理がたくさん並んでます。しかも驚くほど完成度が高く、レシピを教えて欲しいほど。たくさん刺激を受けました。

お菓子作りを趣味程度に考えていた私に、友人から「あなたも名刺を作って、こういうところで出店した方がいい」と強く勧められ、帰国後さっそく名刺を作り、初めて自分に肩書をつけました。

これでいいのか自信がないまま夢中で進み、進化するたびに名前やロゴを変え、スイーツの見た目にもこだわり、まるでサナギが蝶になるように、どんどんカラフルなスイーツも作れるように。

そこからスイーツ教室やイベントなどに声がかかるようになり、かつて料理が大の苦手だった私には想像もできない場所に立つことになりました。これはライフワークの1つです。

行動と情熱。諦めない心。

そこに見えないチカラが働き、これからも人生のあらゆる場面で手助けしてくれると思います😊

 

阿蘇のファームサンクチュアリ オープンセサミ


f:id:Spiritualair:20201021132157j:image

先週末、かねてから興味のあったファームサンクチュアリに総勢9名でボランティア兼遊びに行ってきました。ファームサンクチュアリとは、畜産に使われていたブタや牛、鶏、引退した競馬馬などを保護し、幸せな環境を用意する団体(施設)です。

 

 画像12

 

画像9

 

 画像10

 

画像11

 

広大な敷地に20頭以上の馬、一匹の豚、数羽の鶏とウサギが自由にのびのびと暮らしています。

競馬馬は引退後、9割は馬肉にされるというショッキングな事実を知りましたが、最近は引退競走馬の養老、余生を支援する取り組みもあるようです。

 

 画像16

 


⇩自生のブルーベリーでポップな白馬に変身(笑)

画像3

 

 画像12

 

画像13

 


滞在中1日は雨でしたがそれ以外は天気に恵まれ、楽しく過ごしました☀️

画像4

 

牛や豚、鶏などの一般的な畜産動物のイメージは、放牧され、のどかに草を喰んでると思う方が多いのではないでしょうか。

実は放牧している牧場はほんの僅かで(放牧のイラストや写真はイメージだけである場合が多いです)、ほとんどはこのような繋ぎ飼いで、牛はストレスをためています。

 画像1


雌の豚に至っては妊娠ストールといって、身動きできない狭い檻に入れられっぱなしです。ググれば動画や画像は幾らでも出てきます。

鶏はケージ飼いで、狭い檻に何羽も詰め込まれ、仲間の重みで圧死する鶏もいます。

こういう飼育方法がいかに彼らにストレスを与えているかは、匂いで分かりました。

オープンセサミの馬たちとサンクチュアリの匂いは、新鮮な空気と相まって、何度も深呼吸してしまうほどいい匂い。ストレスがない証拠ですね✨

 画像5

 


一方、移動中に通った繋ぎ飼いの牛舎はむせ返るほどの臭さ。実態を知らないと、それを牛本来の匂いと思われるでしょうが、劣悪な飼育環境に加え粗悪なエサも悪臭の原因となっています。人間だって、食べる物やタバコで体臭がキツイ人もいるので、それと同じですね。

 画像2

 

 画像6

 

画像7


畜産動物(経済動物)」と言われる彼らの飼育環境が、せめてアニマルウェルフェア(動物福祉)に則ったものになる事を祈ります。日本は先進国の中では遅れているそうです。

 

人間と同じ命として敬意を示して欲しいと思います。

 

オープンセサミでは、いつでもボランティアと寄付を募集しています。素敵な場所なので、ぜひ一度行ってみて下さい✨

 

阿蘇余生馬牧場オープンセサミ 熊本県阿蘇郡阿蘇村白川1792-2

募金先 ゆうちょ銀行 01770-4-136101 オープンセサミ